結婚式で着るドレス

結婚式で着るドレスについて

結婚式のドレスは試着が重要

多くの女性があこがれるウェディングドレスは、選ぶときにどんどん試着をしていくのが重要です。なぜなら自分が好きなデザインやカラーなどが決して自分に似合うとは限らないからです。そのため結婚式を最高の自分で挙げたいと考えるのであれば、気になったウェディングドレスはどんどん試着をして自分の目で姿見を確認するのはもちろん、プロのスタッフや新郎となるパートナー、母親など第三者の意見をどんどん取り入れると良いでしょう。そうすれば自分の魅力を最大限引き出し、結婚式当日を思い出に残る一日とすることが可能となるでしょう。

招待客の無難なドレス選び

結婚式に招待されたら、親しい人の門出を祝うために精一杯お洒落をして臨みたいと思うでしょう。しかし、マナー違反をした装いでは、折角の結婚式を台無しにしてしまうかもしれないので注意が必要です。花嫁の色である白色は絶対に避け、光の加減で白っぽく見える薄いピンクなどもやめておいた方が無難です。ドレスは肩や足がむき出しにならないようにショールなどの羽織り物を着たり、ひざ下丈のものを選び、足元もつま先の出ない靴を履いて肌色に近いストッキングを着用します。いくらきれいな足をしていたとしても、生足では改まった場にはふさわしくありません。

↑PAGE TOP